うでから指先のシビレには草津市のりゅう鍼灸・整体院へ

施術例
40代 男性

●症状
左前腕内側から小指、薬指にかけての痛み、シビレ

画像の説明

●対象筋
深指屈筋、尺側手根伸筋、屈筋

●使用鍼
1寸6分 5番

●受診したきっかけ
趣味で狩猟をしている方です。捕獲したイノシシを裁こうと力を入れた際に激痛が走り、以降、肘の内側から小指、薬指にかけて常に痛み、シビレの症状が出ていました。

●施術計画
今回の症例では力を入れた際に小指側に付着する筋肉、
「尺側手根伸筋」
「尺側手根屈筋」
「深指屈筋」
に硬結があり、同部位に徒手、鍼施術を行う

●施術経過
2回のスタンダードコース施術にて症状の改善。
患者様も、
「シビレがなくなり、よかったです!ありがとうございます!」
と喜んでいただけました。

●総括
腕の筋肉が硬くなりすぎることで血行障害がおき、
その結果、身体がSOSの信号を出すのに痛みではなくシビレ症状が出現。

血行障害の原因筋を的確に施術することで血流が改善され症状の改善に繋がったと考えられる。

長年、シビレで悩んでいる方、筋肉に的確にアプローチをして、症状の改善に向けて取り組んでみませんか?

もし、気になる症状がある方はお気軽にご相談ください。

りゅう鍼灸・整体院
院長 池田 龍一
住所:滋賀県草津市上笠2-11-1 2-5号室
TEL:050-3746-7955
HPhttps://ryu-shinnkyuuin.com
LINE https://lin.ee/LsCOzLD
Instagram https://instagram.com/ryushinkyuin?utm_medium=copy_link

コメント


認証コード4262

コメントは管理者の承認後に表示されます。