院長の想い

池田龍一_写真-removebg-preview

このたび、草津市で開業することとなりました
院長の池田龍一です。

滋賀県の大石小学校、南郷中学、草津東高校と滋賀で過ごしました。

小学校から高校まではサッカー一筋、夢中でボールを蹴っていました。高校時代、メンバーに入れなかった悔しさにより過度の練習、セルフケアの不足から腰、股関節の筋肉を痛め、練習を休んだことがきっかけでこの世界に興味をもちました。

高校卒業後は、自分が体験した
「痛みにより自由に動けない辛さ、もどかしさ、どうしたらいいのか分からない歯がゆさ」
を感じる人のサポートをしたい!!
という想いから大阪の履正社コミュニティスポーツ専門学校に入学する。

在学中は整形外科や鍼灸院でアルバイトを通じて学び、卒業と同時に
大阪府高槻市のリメイク整骨院に就職。10年間修業しました。

大阪のなかもずで開業されている小林紘二先生が
解剖学、生理学、運動学を基に試行錯誤を続け確立された
MT-MPS(Manual Therapy for the Muscle Pain Syndrome = 筋性疼痛症候に対する治療手技)
ATーMPS(筋性疼痛症候群に対する鍼療法)
を基礎から学びました。

リメイク整骨院の院長、水越俊幸先生から副院長の指名を受ける。
その前後から自分の治療院を開業し、様々な方にMTーMPS、筋肉に着目した治療の素晴らしさ、痛みでできなかったことができるようになる喜びを思い出していただきたいと考えるようになりました。
リメイク整骨院ではいまでもお世話になっており、院で開催される勉強会をサポートさせていただいてます。

訪問治療を始めたきっかけは、ある患者様の変化を見たことでした。
70歳代の女性で、自宅で腰椎の圧迫骨折をした後、歩くのはもちろん横になる時も痛みが強く、顔も強張っている方でした。
横になると背中が痛い為、こたつに入って突っ伏さないと睡眠が取れない。そんな状態が3カ月以上続いていました。ここから治療が始まりました。
週に3回はりやリハビリを行いました。常に激痛が伴い歩行も困難で満足に横になって寝れない状態の方が半年後にはさっそうと自転車に乗り買い物が出来るようにまでなりました。こちらが見ていても笑顔が溢れるようになられました。
筋肉に着目した、治療効果の高いはりきゅうや運動療法を定期的に行うことで年齢や性別に関係なく元気になるということを実感いたしました。

この患者様をきっかけにこちらから出向いて
「困っている患者様、患者様の家族を助けたい!」
という思いが強くなってきました。歩行すら困難で困っている方を手助けしたい、培ってきた技術で地域に貢献したいと思い地元滋賀で開業する決意に至りました。
私も成人するまで、大津市、草津市には大変お世話になりました。そんな大切な地元で、足が悪く外に出れない、はりきゅうや運動療法を必要としているけど治療院まで通えない方の力になりたいと思い、日々奮闘中です。

私の使命は

慢性的な痛みや辛さで身体がうまく動かせず、やりたいことを諦めている方
当院の施術、運動療法を通じて

「痛い、辛い、しんどい」を忘れ、のびやかに身体を動かし、生きる喜びをかんじていただくことです。

心と身体は繋がっています
当院の施術で身体の状態を改善し、心が軽くなり生きる喜びを感じていただく。
 その為に患者様と接し臨床を重ねると共に、同業のセミナーにも積極的に参加し日々研鑽しています。
 鍼灸療法、運動療法を通じて、悩みを持たれている患者様やそのご家族の笑顔が増える手助けになりたい、微力であっても皆様の心の支えになれれば幸いです。

今度とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

a:502 t:1 y:0